シェアする

変形性股関節症などの股関節疾患の方の歩行の特徴とは?

シェアする

特徴的な歩き方は股関節を痛めます

変形性股関節症や臼蓋形成不全などの股関節疾患をお持ちの方の歩行様式には特徴があります。

痛みのある股関節に対して直接荷重することを避けるために行うのですが、実際には以下のようにして避けていきます。

今回は横から見た際の特徴について図を使って紹介したいと思います。

まずはご自分の歩き方の特徴を確かめてみてください。

図を見比べてみていかがだったでしょうか?自分自身の歩き方はどちらに近かったですか?

左図に比べて、右図の股関節がしっかりと後方へ動いていないことがわかると思います。

股関節が後方へ動かないと体はどうなるか?

必要以上に腰を反らせて腰痛が出る

股関節の動きが小さくなるために、歩行の際の推進力が少なくなります。

動きが少ないと当然歩きづらくなるため、腰を反らせることで、歩幅を大きくしようとします。

これは本来の正しい股関節の使い方とは異なりますので、腰を反らせることで腰に余計な負荷がかかってくることになります。

つま先を強く使って蹴り出すため、鼠径や膝が痛くなる

股関節の動きの小ささをカバーするために、ふくらはぎの筋肉を使って足を後ろに蹴り出してしまいます。

ふくらはぎを強く使いすぎると太もも前面の筋肉が常に収縮を強いられるため鼠径部などの足の付根や、膝に痛みが出やすくなります。

本来の機能が使えず、筋肉のバランスが崩れる

腰を反らせたり、ふくらはぎを強く使うと、本来使うべきお尻や太ももの裏の筋肉はうまく機能せず、徐々に筋肉のバランスが崩れていきます。

このような状態は、股関節周囲の筋肉にも余計な負担を強いることになり関節自体にも負担をかけてしまいます。

まとめ

以上のように股関節疾患をもつ方の横から見た歩行の特徴をを紹介してきました。

紹介したような体に負担をかけ続けるような状態を予防するにはまず、股関節周囲の筋肉を柔らかく保つことが大切です。

更には関節可動域(特に後ろ方向)をしっかりと維持・拡大してあげなければなりません。

変形性股関節症や臼蓋形成不全のある方では特にこの関節可動域が狭くなると元の可動性を取り戻すことはかなり困難となります。

股関節痛のある方の場合は筋力的に低下していて、筋力トレーニングを行っても良い歩行状態にならない場合も多く、それには筋肉のバランスが関係しています。

筋トレについては以下も参考にされてください

股関節痛の方は筋トレをしてはいけない

自分自身の歩きかたはなかなか自分自身気が付きにくい部分ですので、一度スマホなどで歩き方を動画で撮って確認してみると良いと思います。