スポーツコンディショニング

スポーツ障害とトレーニング

フィジカルプラスのスポーツコンディショニング

フィジカルプラスでは医療現場とスポーツ現場で養ってきた関節機能や筋肉のバランスを考慮した、結果の出やすいコンディショニングを提供します。

正しいストレッチや普段の練習では抜け落ちやすい筋力の要素、痛みだけでなく、競技力向上に必要な体幹トレーニングを始めとした専門的な知識を豊富に持っています。

また、自分自身でも気がついていないフォームや動作のクセ、意外なところに問題があることがあります。特に小・中学生においては「身体をうまく使えない」「怪我をしやすい」などのご相談をよく頂きます。気になることがあればご相談下さい。

競技スポーツをされているお子さんや社会人の方長引く痛みや怪我、パフォーマンスの低下でお困りではありませんか?

子供だから少しの痛みなら大丈夫とお考えの方もおられるかと思いますが、成長期におけるカラダは成人とは違い非常に繊細です。

将来プロを目指すかどうかは別としていつまでも好きなスポーツを続けられるようにカラダのケアを継続して行うことは大切です。

また社会人の方では年齢を重ねていくにつれて、疲労の回復やパフォーマンスの低下が起こりやすいため、無理をして調子を崩すことが有ります。

スポーツコンディショニングの流れ

1.はじめにお身体についてお聞きします。(スポーツ歴など)

2.フォームや痛みの出る状況をチェックし、問題の原因をさぐります。

3.必要に応じで全身の関節や筋肉、筋膜などの状態を細かくチェックしながら施術を行います。

4.問題となっているフォームや機能低下に対して必要なエクササイズ、トレーニングをを行います。

5.最後にフォーム等の状態を確認します。

痛みが特にない場合のパフォーマンスアップのためのトレーニング指導も行っています。

スポーツに関する情報はこちらからどうぞ

予約状況を確認する >

パフォーマンスを向上させる近道

カラダのケアを怠っていませんか?

スポーツ現場に関わり始めて約10年過ぎましたが、いつも感じることはウォーミングアップとクールダウンの量の少なさです。どちらも大切なことはみなさん理解していますが、なかなか実行できていないのが現実です。持っている力を発揮するためには非常に大切なことです。普段行えるケアの指導を行っています。

痛みがあって思い通りのプレーが出来ない

競技志向であればあるほどプレーの質が重要になってきます。痛みがあれば当然そこをかばうため動きに制限が生まれます。かばうことで余計にカラダに負担がかかりますます怪我をしたり、パフォーマンスの低下を招きます。痛みの出にくいカラダづくりのお手伝いをします。

ストレッチやトレーニングは自己流で大丈夫ですか?

十分なケアを行っていない理由にやってもやらなくても変わらないということが有ります。これは非常に深刻な問題なのですが、特にストレッチに関してはどの世代をみてもしっかりと行えている方が少ないです。

またきちんとやっているつもりでも、思っている以上にできていないことが多いのが現実です。状況に応じたストレッチなどのケア、パフォーマンス向上のためのトレーニングはきちんとやれば効果を感じることはさほど難しくありません。正しく行えているかどうかについてもご相談ください。

以下の競技の経験が豊富です

野球、サッカー、水泳、器械体操、ウエイトリフティング、バレーボール、器械体操、陸上競技、バスケットボール、ゴルフなどの全国大会出場レベル以上の指導実績があります。

※遠方や集団指導、出張などの条件は要相談となります

予約状況を確認する >