スポーツコンディショニング

シェアする

スポーツ障害とトレーニング

フィジカルプラスのスポーツコンディショニング

フィジカルプラスでは医療現場と国体等のスポーツ現場で養ってきた関節機能や筋肉のバランスを考慮したスポーツ動作に特化したコンディショニングを提供しています。

施術対象

競技スポーツをされているお子さんや社会人の方長引く痛みや怪我、パフォーマンスの低下でお困りの方

成長痛でお困りの方はこちらをどうぞ

体幹トレーニングについてはこちら

フォームとスポーツ動作の修正

小・中学生においては「身体をうまく使えない」「怪我をしやすい」などのご相談をよく頂きます。

自分自身でも気がついていないフォームや動作のクセを修正することでパフォーマンスの向上に結びつきます。

子供だから少しの痛みなら大丈夫とお考えの方もおられるかと思いますが、成長期におけるカラダは成人とは違い非常に繊細なためフォームがより重要となります。

正しいストレッチや普段の練習では抜け落ちやすい筋力の要素、痛みだけでなく、競技力向上に必要な体幹トレーニングを始めとした専門的な知識で競技力の向上をお手伝いします。

スポーツコンディショニングの流れ

1.はじめにお身体についてお聞きします。(スポーツ歴など)

2.フォームや痛みの出る状況をチェックし、問題の原因をさぐります。

3.必要に応じで全身の関節や筋肉、筋膜などの状態を細かくチェックしながら施術を行います。

4.問題となっているフォームや機能低下に対して必要なエクササイズ、トレーニングをを行います。

5.最後にフォーム等の状態を確認します。

スポーツに関する情報はこちらからどうぞ

予約状況を確認する >

以下の競技の経験が豊富です

野球、サッカー、水泳、器械体操、ウエイトリフティング、バレーボール、器械体操、陸上競技、バスケットボール、ゴルフなどの全国大会出場レベル以上の指導実績があります。

※遠方や集団指導、出張などの条件は要相談となります

パフォーマンスを向上の近道は怪我をしないこと

カラダのケアを怠っていませんか?

スポーツ現場に関わり始めて約10年過ぎましたが、いつも感じることはウォーミングアップとクールダウンの量の少なさです。これらは怪我に直結するので普段から注意しながら行うように心がけてください。

痛みには原因が必ずあります

競技志向であればあるほどプレーの質が重要になってきます。

痛みがあれば当然フォームや使いすぎなど必ず原因があります。痛みをかばったままプレーを続けるとますます怪我をしたり、パフォーマンスの低下を招きます。

痛みを作らないカラダづくりのお手伝いをします。

ストレッチやトレーニングは正しく!

きちんとやっているつもりでも、思っている以上にできていないことが多いのが現実です。

状況に応じたストレッチなどのケア、パフォーマンス向上のためのトレーニングはきちんとやれば効果を感じることはさほど難しくありません。

やってもやらなくても変わらないと思っていたら、要注意!

非常に深刻な問題なのですが、特にストレッチに関してはどの世代をみてもしっかりと行えている方が少ないです。

予約状況を確認する >