シェアする

簡単なのに意外と出来ないサッカーに必要な大切な要素とは?

本来は簡単なのにバランスが上手に取れない子が多いという現実 

フィジカルプラスではサッカーをやっているお子さんが多くおられます。

以前にも言いましたが、サッカーはまずコケないことが正義←(こちらをどうぞ)です。

しかしながらバランス不良を抱えたままプレーをしているお子さんが非常に多くいます。

バランス・・・バランスの取り方は人によってかなり違い一言で表すのは正直難しいのですが、いつもトレーニング指導をしていて一番気になるところをお話します。

サッカーをする際のフィジカルの要素は沢山ありますが、特に個人ではわかりにくいバランス能力について以下で紹介していきます。

まずは片足できちんと立てるかどうか?

サッカーで必要になるバランス能力を考えてみると、サッカーはボールを蹴るため、常に片足で立他なければならない競技といえます。つまり片足で立って自由にボールを蹴る事ができることがまず必要になるかと思います。

実はこの片足で立つということが出来ないお子さんが非常に多くおられます。フィジカルプラスにご来店の子供たちはほぼ100%出来ていません。

一口に片足立ちと言っても、様々な要素があり一見うまく片足立ちができているように見えても、膝が少し曲がっていたり、足の裏の外側、ないし内側に偏った付き方をしていたりすることでプレーの質を下げていることも多々あるため注意が必要です。

以下にバランスチェックの方法を紹介します。

実際にプレイの際にはその場で蹴る、走りながら蹴る、強く蹴る、インサイドやインステップなど蹴るときの動作様式が変わってくるのであくまで基本的なバランス力と思われて下さい。

ゴルフボールを使ってバランスチェック

ゴルフボールを一つご用意下さい。

両腕を体の前で組んで上半身を動かさないようにして、片足をゴルフボールに乗せて立つだけです。

この時、床に付いている方の膝はしっかりと伸ばします。この時点でフラフラする方はまずこれでふらつかないようにしっかりと練習して下さい。

少しでもフラフラする場合はバランス不良が明らかにあります。

簡単にできるようで、立っている側の足の裏などがグラグラしやすいので注意して観察してみると良いと思います。

注意点としてはゴルフボールに載っている側の脚が地面につかないことと、ボールに体重をなるべくかけないことです。

以下にエクササイズを紹介します。

ゴルフボールエクササイズ

チェックした状態のまま、ゴルフボールを足の裏でコロコロ回します。この時に手でバランスを取ったり、軸足側の膝が曲がったりしないように気をつけます。

はじめのうちはフラフラするかもしれませんが、根気強く続けていきましょう。

左右の足とボールを回す方向も左右やります。難しいときは前後に動かすことから初めて見ると良いでしょう。

これらが上手に出来るようになればこの状態でスクワットをしたりすると小学生でもカラダに負担をかけすぎずしっかりと片足立ちのバランスを鍛えることが出来ます。

プレー中にバランスが悪い、姿勢が気になる場合は簡単にチェックしてできますのでお試しください。

上手になってくれば、足裏でボールを転がしながら歩いたり、走ったりすると細かいボールコントロールの練習にもなります。このように動きが入ってくるとバランスのとり方が変わってきますので、自分自身でもバリエーションを増やして行くと良いでしょう。

サッカー少年が押されたわけでもないのにコケる理由はこちら