変形性膝関節症一覧

変形性膝関節症や長引く膝の痛みでお困りの方に読んでほしい情報を紹介しています

姿勢を考慮した施術で変形性膝関節症をやっつける

膝に痛みを抱えている方の多くは足を地面についた際に、膝が十分に伸びていません。これは関節可動域が不十分な場合もありますが、実際には力の入れ方が問題となっていることが多く、ふくらはぎや股関節周囲の筋肉が過剰に緊張して膝自体を曲げるような力の入れ方を行っていることがあります。

変形性膝関節症の痛みはつま先の向きで変わる

変形性膝関節症があり痛みがある方では膝とつま先の向きの関係が悪くなっていることがあります。太もも、膝のお皿、つま先の向きとの位置関係によって膝にかかる負担は大きく変わり、痛みを強くしてしまうことがあります。今回はどうすれば膝に負担をかけないつま先の位置を見つけられるのか紹介していきます。

筋力が低下しているから関節が痛むのか?

関節を守りたいのであれば、どこの筋肉に問題があるのかを考える必要があります。ある部分では筋力は十分ですが、ある部分では不十分ということにです。実際に鍛えなさいと言われている部分を確認するとわかりますが、そういう部分がやせ細っていることはないと思います。

変形性膝関節症の人が変えるべき4つのポイントとは?

筋力が落ちている、膝の変形が強いなど半分諦めているような方でも今からご紹介する4つのポイントを変えるだけで、長い時間歩く、階段を上るなどの日常的な動作に変化をもたらします。手間は少しかかりますが、確実に身体に変化をもたらしますのでぜひ御覧ください。