股関節痛一覧

足が正しくつければ股関節痛は良くなる

正しく足をつくということは股関節の関節軸がブレることなく多関節筋によってスムーズに動かす(もしくは固定する)事ができるということになります。これは股関節疾患にかかわらず下肢の痛みを抱えている方の殆どに当てはまり、改善すると股関節の痛みは良くなることが多いのです。

臼蓋形成不全の保存療法をもっと認知してほしい

下関には股関節疾患の治療で有名、もしくは評判の良い病院がない、注射や手術などと違い、即効性に欠け時間がかかってしまうリハビリを積極的に行いにくい。また、個人個人の努力、対応する理学療法士によっても結果が変わってしまうなどといった理由が考えられると思います。

臼蓋形成不全の体重のかけ方は股関節に負担をかける

横から見たときに股関節の真下に足が来ていない(股関節がくの字になった状態のまま)で体重が最もかかっているというパターンの歩行様式を取っていることが非常に多いのです。このような場合は骨盤にも影響を与え腰痛の原因にもなることがあります。

筋力トレーニングで股関節の調子が悪くなる理由とは?

筋力トレーニングを行うことによってかえって関節可動域の制限が強くなったり、痛みが取れなくなったりしていませんか?一度狭くなってしまった関節可動域の制限を再び広げるためには相当な苦労が伴います。変形性股関節症や臼蓋形成不全の方では、関節可動域を大切に

臼蓋形成不全や変形性股関節症に悩む方に思うこと

臼蓋形成不全や変形性股関節症で悩んでいる方に今必要なことは、杖をつく、プールで歩く、筋トレを頑張るではないはずです。今現在頑張っているのに改善の方向へ進んでいない場合ご自身の状況を今一度確認して、自分自身に何が必要なのかを専門家にご相談してみて下さい。