変形性膝関節症による膝の痛み

シェアする

変形があるからどうにもならない?

変形があるからといって諦める必要はありません。

整形外科等で診断を受けて、ヒアルロン酸注射などで様子を見ている方。

通常変形性膝関節症の原因としては加齢、肥満、運動不足などが挙げられます。

痛みの強さに変形の度合いは関係なく、変形が強くても痛みのない方、変形は少なくても強く痛む方がおられます。

ここ下関でも様子を見ていても一向に良くならずお悩みの方が多くおられます。


膝が痛いからといって原因が膝とは限りません

変形性膝関節症の方ではは股関節から膝、足にかけて筋肉の過剰な緊張が見られる方がおられます。

この場合は太ももの外側を押すと痛みが出ます。

これは大腿筋膜張筋という筋肉が過剰に緊張していることを指しており、股関節から膝にかけてつながっているため膝の状態に影響を与えます。

O脚が強く足底板などを整形外科で処方されている方もおられます。考え方としては納得できますが、使いにくく、違和感を持ってしまう方がいます。

そのため、せっかく作成した足底板を利用することなく放ったらかしという結果になります。

悪い癖を変えれば膝の痛みは変わる!

フィジカルプラスではあなたの姿勢と動き方の特徴を考慮してコンディショニングを進めていきます。

痛みを緩和するには、姿勢を変えることが重要になります。

姿勢が変わると筋肉にかかっている負担が分散され、関節にかかる負担も減少します。結果として痛みが緩和します。

やみくもに筋力をつけたりプールで歩いたりすることは良い結果を産むことは少ないでしょう。日常生活において膝の痛みで困ったら、早めに対処をするだけでいつまでも自分の足で歩き続ける事も可能になるでしょう。

姿勢については中々一般の方では理解しにくい分野ですので、これはどうかな?と思う所があれば、フィジカルプラスにご相談下さい。

変形性膝関節症の方の施術方法はこちら

予約状況を確認する >