成長痛

オスグッド・シュラッター病、踵の骨端症

成長痛と言う言葉は病名ではありません。

骨の成長元となる骨端部分は軟骨組織で出来ており、柔らかく身長などが大きく伸びる時期では、負荷を受け続けるとそれが引き金になり炎症等を起こしやすい状態となります。

要は使いすぎですので、痛みが出たら早めにご相談ください

勘違いしないで欲しいのは成長してるから痛いのではなく、力学的ストレスが過剰に掛かっているから痛いということです。

特に骨端部に係る疾患は骨端症と言われます。

 予約状況を確認する >

成長軟骨のある部分にストレスがかかり痛む

成長期の骨端軟骨の部分は柔らかく継続的な力学的ストレスがかかる方向へ引っ張られることで痛みを誘発しやすく、繰り返し負荷がかかると骨と腱の結合部分に炎症などが生じます。

痛みの出る部分だけ治療しても解決しない

部位別では膝とかかとの痛みが多く、フィジカルプラスでは殆どの場合スポーツ活動を普段から行っている子供さんのご相談を受けます。

(オスグッド・シュラッター病、踵骨骨端症など)

スポーツ活動では、筋肉が縮むときに腱を通じて軟骨組織を引っ張る力が繰り返しかかることで、過剰に刺激するということになります。

同時に動作上の問題も抱えており、具体的にはかかとを付けたまましゃがめない、前屈で手が床につかないなどカラダの硬さが邪魔をしている場合もあります。

動作で問題になる負荷を分散し、くせを変えていくことが成長痛解決の近道となります。

痛みの出る部分に負荷を与えない動作

一時的にスポーツ活動を休んだり、装具をつけたりしてもなかなか痛みは取れてこないことがあります。

膝の場合では、大腿四頭筋を強く使わない動作を学んで頂きます。股関節を中心とした下肢エクササイズ、硬い部分のストレッチを行い負荷を分散します。(いわゆる股関節をうまく使える状態)

かかとの場合は、足部自体の可動性や機能性を高め、アキレス腱部にかかる負荷を分散します。状況に応じて、股関節もしっかりエクササイズします。

成長期が一生を左右することもあります

お子様のお体の状態にもよりますが、過剰な負荷がかかり続けることで、軟骨部分の一部が欠けて筋肉や腱など軟部組織に刺さることが有ります。

こうなると痛みは取れず物理的に骨片を取り除くしか方法がなくなります。スポーツを続けることが出来るようにサポートすることはご両親の役目とも言えます。

怪我でスポーツを諦める子供さんが多くいます。お子様がいつまでも好きなことが出来るよう、負荷の少ない動作を考えたトレーニングを行うことは大切です。

常に装具やテーピングをつけてスポーツを行っているお子様など、まずはご相談下さい。

スポーツコンディショニング >