ぎっくり腰

ぎっくり腰になったら

世代によらず、高い筋緊張が原因となる急性腰痛と考えられるぎっくり腰があります。この場合は筋肉の異常な緊張を取ると姿勢が変化し痛みが軽くなります。

このような場合は腰が原因となっていることは少なく、すぐ良くなります。

フィジカルプラスでは動きの偏り、筋肉の協調性を解決するために、施術によって腰以外の部位を刺激し、エクササイズを指導します。

捻挫など組織に傷があれば医療機関へ

背骨がうまく支えられず、背骨周囲の関節を捻挫してしまうこともあります。異常な筋肉のこわばりで起こるものと判別をするためにも医療機関などで診断を受けることが大切です。

捻挫があれば、痛みはすぐにとれません。このような状態で我慢して動くと体の表面近くにある大きな筋肉が硬くこわばり痛みを余計に悪化させます。

初回施術保証がありますのでまずはご相談ください。

まずは基本に忠実に安静にしましょう

通常、どのようなものでも急に出た痛みは基本的には安静にすることが重要で、同時にRICE処置と呼ばれる「安静」「アイシング」「圧迫」「挙上」することが基本です。これは急性の場合の炎症や腫れを防ぐたいめのものです。

痛みが出て72時間位までは必ず冷やしましょう。

(お風呂で温もったり温めることはやらない)

痛みが強くても組織に傷がない場合もあり、そのような時は日頃のカラダの使い方に注目して施術とエクササイズを行うと驚くほど痛みが取れることがあります。

組織に異常のない急激な腰の痛み

高校生くらいの男の子が部活で筋トレをバンバンやっているうち起こることがあります。無理に動き続けるとカラダのこわばりが強くなり、全身に広がることがあるため注意しましょう。

負荷の偏りを解消することが近道です

ぎっくり腰の方では、足部や頸部の動きが悪くなっている方、足の裏が硬い方がいます。硬い部分には負荷が偏ってかかっていることが考えられます。

また人の体は本来、様々な筋肉が協調してバランスよく働くことで、うまく支えられています。

痛みがあるからといって、同じ姿勢のままいると背骨の周りについている、小さな筋肉たちの働きが悪くなってきます。

硬い部分に負荷が偏らなくなると、動きにもバリエーションが生まれ一度の施術でも痛みが殆どなくなってしまいます。

安静にしすぎずエクササイズを

動きの偏りを解決しても、時間が経つと段々とカラダの使い方はもとに戻ってしまうことがあります。

安静にするのは初期だけで徐々に動きのバリエーションや量を増やしていくことが大切です。

このような時でも痛む部分以外のこわばりを取ることでカラダは動かしやすくなります。

ぎっくり腰になったらフィジカルプラスにご相談ください。

予約状況を確認する >