股関節痛のある方

シェアする

どんなにほぐしても股関節の痛みは取れない

30代~50代の女性が抱える股関節の痛みは、骨格や日常生活における姿勢、歩き方などに注意を払わなければ、ほぐしてもほぐしてもまたすぐにもとに戻ってしまいます。

少しの違和感だからと何気なく生活していると、ある日突然痛みだし、変形性股関節症や臼蓋形成不全などの病名を告げられることになります。

臼蓋形成不全の方はこちらもどうぞ

股関節術後の方はここちらをどうぞ

股関節が痛み始めたきっかけはありませんか?

特別な疾患がなくとも股関節の痛みの出始めには何らかのきっかけがあることも多く、ヨガや太極拳、マラソンなどスポーツ活動をはじめたり、出産や育児などの生活スタイルの変化があった際に起こりやすいといえます。

股関節の左右の開きに差があると・・・

左右差が強くなると日常生活自体が股関節の状態を悪化させていきます。

痛みがない(もしくはすぐ取れる)とそのままにしてしまいがちです。

まずは関節可動域が狭くならないようにしなくてはなりません。

股関節の可動性の左右差がある時点で股関節を中心としたカラダの機能に問題があります。

関節可動域は一度狭くなるともとに戻すことは大変困難です。

股関節に痛みを感じたら・・・

股関節周囲の筋肉はうまく機能しないと痛みが出てしまいます。

どの部分がうまく使えていないから痛みが出ているのかということを確認せずにやみくもに筋トレを行うと痛みが悪化してしまいます。

自己流で股関節の痛みを改善することは難しく、無理やり動かしたり、筋力をつけるためにプールに通う、杖をつくなどしても痛みが解消することは難しいのです。

立ち方、歩き方の違和感は痛みの始まり

股関節に痛みや違和感を招く立ち方や歩き方は自分の股関節にダメージを与え続けます。

特に臼蓋形成不全や変形性股関節症などの方では、生活習慣や姿勢、歩き方などが原因で関節の状態が悪化しやすいため注意しましょう。

残念ながら、医療機関などで痛み止めや筋トレを指導されてもうまくいく方は非常に少なく毎日毎日辛い日々を送ることになります。

「しゃがめない」「爪が切れない」「靴下が履けない」などの日常生活に支障が出る前に正しい股関節の使い方をマスターしましょう!

以下は違和感から痛みが出始めた経験をお持ちの方の声です。

医療機関で60歳を超えて初めて臼蓋形成不全という指摘をうけてびっくりされたようです。

さらに将来的には手術というショッキングなことを言われていましたが、現在も痛みがぶり返すことなく定期的にチェックを行いながら日常生活を行っています。

画像が少し見づらいので抜粋を以下に書いておきます。

※退職して6ヶ月が過ぎた頃、左足に違和感を感じて歩くと痛みが出るようになりました。運動不足かなと思いながら、整形外科でレントゲンを撮ると先天的に股関節が悪いと言われてビックリ!

将来的には手術しかないと言われかなり落ち込みました。

2ヶ月間薬とシップ、リハビリを続けましたが、薬に頼るようになっていました。

偶然ネットで見つけてホームページを覗いてみると今までの整形や整体とは全く違う施術法に興味を持ちました。

説明にも納得することが多く、腹式呼吸や体幹トレーニングを続けて3回目頃から薬をやめることができました。

家でする体操とかも教えていただいて少しずつ左足も解放に向かっています。

以上です。

ここに書かれているように、殆どの場合痛みよりも違和感が先に出てきます。

具体的な施術内容は個人差がありますが、安全な足の付き方や股関節の動かし方、コンディションを良くする呼吸、体幹トレーニングまで含めたホームエクササイズなどを実践していただくと、医療機関でのリハビリをしながら数ヶ月痛み止めがやめられなかった方でもこのように痛みが取れてしまいます。

この方は実際には股関節の関節可動域もかなり狭くなっていたため、歩き方や股関節の使い方に問題がなくなるまでは少し時間がかかりましたが、愛犬との散歩なども今現在も元気に行っています。

フィジカルプラスではこのように理学療法士としての経験豊富な者が股関節痛を軽減するための動作指導やトレーニング(ホームエクササイズ)指導を行っています。

短期間で再発することなく、快適な生活を送ることが出来ます。

料金はこちらから

予約状況を確認する >

医療機関でしっかりリハビリを頑張ってもうまくいかない、整骨院やカイロプラティックなどに行っても動き方や姿勢が変わらなければ結果として痛みが取れないという落とし穴に落ちてしまいます。

違和感を感じたらまず診断を受けてご相談ください

日常生活に影響を及ぼすような股関節の痛みを抱えているほとんどの方は臼蓋形成不全や変形性股関節症を指摘されてフィジカルプラスへお越しです。

まずは信頼できる医療機関で正しい診断を受けてください。

理学療法士として股関節疾患のリハビリ経験が豊富です。

股関節の痛みで困っている方、股関節疾患だけでなく、術後のリハビリの日数制限内に痛みが思ったように取れずご相談に来られる方がいらっしゃいます。

医療機関でのリハビリで思うような改善が見られず途方に暮れる前に少しでも早くご検討ください。

無料相談や初回は施術保証を行っています。一度ご利用いただき、ご満足いただけない場合料金は一切頂きません。安心してご予約ください。

まずは無料相談からどうぞ

料金はこちらから

予約状況を確認する >