シェアする

これでわかる動きの悪い肩甲骨とは・・・

肩甲骨の動きが悪くてが寄らないから肩がこる?

肩甲骨・・・なんとなく動かないとダメ?という感覚がある方が多いと思います。

肩甲骨の動きが悪くて肩がこるのではなく、肩がこっているから肩甲骨が動かなくなると考えましょう。

実際に肩甲骨の動きが悪いと感じている場合、今回はどのような原因があって動きが悪いのか紹介していきます。

肩甲骨の動きを邪魔する背骨の動き

肩甲骨は背骨と肋骨によって構成されている胸郭(きょうかく)と呼ばれる部分に張り付いた形でカラダについています。肩甲骨の動きは筋肉だけでなく、背骨自体の曲がる角度などによって制限されてしまいます。少し詳しく述べていきます。

背中が丸くなると腕が上がらない

年令に関係なく、猫背気味でしっかりと胸を張ることが出来ない方では信じられないくらい肩甲骨の動きが悪く、動きが少ないことがはっきりわかります。

肩甲骨の動きが悪くなると腕も動かしづらくなって、必要以上に力が入ったりしてしまいます。

実際に背中を丸めたときと背中を伸ばしたときでバンザイをして挙げ比べてみましょう。

実際にやってみるとはっきりとバンザイしにくいことがわかると思います。このように背骨の状態によって肩甲骨の動きは変わるということを知っておきましょう。

背中が曲がると肩甲骨を背骨に寄せることが出来ない

背中が曲がると肩甲骨が背骨によらず胸が張れない。これも実際に試してみるとわかると思いますが、胸を張ると背中が伸びて肩甲骨をしっかりと背骨に近づけることが出来ます。

いかがですか?

背中が伸びているかいないかということは肩甲骨を動かす上で非常に大切なことということがわかっていただけたのではないでしょうか?

まだ他にも筋膜や下半身からの影響によっても肩甲骨は動きにくくなります。

以下ではそのチェック方法を紹介していきます。

肩甲骨が筋膜や下半身の影響をうけているかチェック

簡単なチェック方法をご紹介します。

チェック方法その1

横向きに寝て、両膝を軽く曲げます。(まくらしてくださいね)
骨盤をそのまま動かさずに、胸を張っていくように肩を後ろに引いていきます。

・この時背中は一緒にねじれてOKです。

・肩甲骨が寝ているベッドなどに付けば良好

・肘が付けば、大人であれば普通。肘すらつかなければ不良となります

これがうまく出来ない場合は体の前側の胸などに硬さがあって動きを邪魔していることがわかります。

※この動きに問題があれば、少しずつこの動きを繰り返してみると良いと思います。ただし、痛みには注意が必要です。

チェック方法その2

あぐらを組んだ状態でバンザイをします。この時に肘をしっかりと伸ばしたまま、腕が自分の耳の位置まで行くかどうか確認してみてください。

立った状態などと比べ腕が上がりにくい方がほとんどだと思います。

この状態で腕がしっかりと上がらない場合は足や股関節などからの筋膜の影響を受けていると判断できます。

※この動きができない場合は下半身を中心としたストレッチを行うと良いでしょう。

肩甲骨の動きを良くするエクササイズ

チェックをしてみてうまく動かなかった方は以下のエクササイズを試してみると少しずつ肩甲骨の動きが良くなります。背中を曲げないように注意してやってみましょう。

これでわかる肩甲骨の動き

この画像のように、両肘をついた四つ這いを取ります。

後は水泳のクロールのようにしっかりと肩を回すだけ。

(50回程度行うと実感しやすいです)

コツとしては画像のように回すたびにしっかりと腕全体を頭方向へ伸ばすことです。

このようにすることで背中周りの小さな筋肉も刺激でき、肩甲骨周囲は緩みやすくなります。カラダは多少動いても良いので回数を多くすることが大切です。

片方ずつ行って比べてみて下さい。驚くほど肩が軽くなっていることが実感できると思います。

まとめ

わかっているようで、わかりにくい肩甲骨の動きですが、まずは動き自体をチェックすることが大切で、さらには脊柱を中心とした柔軟性や可動性、体幹トレーニングを含めた正しいトレーニングを継続していくことが大切です。

また、肩甲骨の高さのあたりには上半身の重心があり、いわゆる体幹をコントロールする際に非常に重要です。

日常生活における姿勢のコントロールにも多大な影響を与えるため、筋肉のコンディションが悪くなり首や肩のこりが出てくることもあります。

猫背と肩甲骨の動きは連動しているため、猫背を解消しつつ、肩甲骨の動きを良くしていくことが一番の近道ではないでしょうか?

普段からしっかりと動かしていくと少しずつ動かしやすくなり肩こりなどの不調も出にくくなると思いますのでぜひお試しください。